Ayumi

  • 勤務年数:8年
  • 私費
  • SC Johnson Merit-Based Scholarship Award & Forte Fellow
  • 海外経験:香港3年、ロンドン1年 (海外勤務)
  • バックグラウンド:大手IT企業でグローバル戦略・事業開発を経験した後、欧州系事業会社で日本市場向けのデジタルマーケティングを経験。その後、アドテクノロジー・デジタルマーケティング分野で起業。
  • 連絡先:as3785あっとcornell.edu

 

Why MBA & Why Cornell Tech?

 

これまでのキャリアにおいて、海外勤務や起業など、やりたいことを一通り実現してきた一方で、今後のキャリアステージを考えた際、短期間で集中的に学び直す機会が欲しいと考えていました。

 

私がめざしたい働き方は、経営者として時間・場所ともに制約を受けないフレキシブルな働き方です。これまでも経営者として、時間・場所に捉われない自由な働き方を実現してきたものの、今後はより一層、女性としてのライフステージの変化も踏まえた上で、リモートワークで世界中どこにいても、米国や欧州、インド、南米など、様々な地域にいる様々な職種のチームメンバーと一緒に働く上での経験・知識を培いたいと考えていました。起業してからは特に、USのスタートアップ企業・テックカンパニーと仕事をする機会を通じて、自身の経験不足や知識不足を痛感していたため、経営の知識のほか、テックカンパニーにおける技術的な共通言語の習得もめざしていきたいと考えていました。

 

そんな中、コーネルテックMBAの存在を知りました。コーネルテックは、テックカンパニーでリーダーシップを発揮できるマネージャー育成を理念として掲げています。テックカンパニーにおけるマネージャー職というと、アマゾンのような大企業に必要とされるような職種と想像されるかもしれません。しかし、米国ではどちらかというと、スタートアップで様々な業務を何でもこなせる人材、あるいは自分で起業して何でもこなしてしまう人材、といった傾向が年々強まっていると感じており、働き方としては、「世界中にいる、さまざまな職種の人たちをまとめ上げ(リモートワークを含む)、時間・場所に捉われず、フレキシブルな働き方を実現する」職種に近いイメージを持っています。もちろん、こうした経験・知識は、実務を通じて身につけていくこともできますし、その方がむしろ一般的なのですが、コーネルテックMBAで学び、デジタル・テクノロジー分野の最先端の環境に身を置くことが、短期間で経験不足を穴埋めするための1つの選択肢と考えました。

 

また、留学前の時期にWeWorkに入居していた際、毎日のように世界中から集まるスタートアップの人たちからアドバイスを貰ったり、刺激を受ける機会がありました。海外でこのような刺激的な環境に集中的に身を置きたいと考えたことも、MBA進学の決断を後押ししました。

 

Cornell Techのおすすめポイント

  1. アントレ・テクノロジー分野に特化したプログラム:
    アントレプレナーシップ、テクノロジー分野の授業が本当にとにかく非常に充実しています。NYCのコーネルテックキャンパスでは、現地のVCやスタートアップ経営者を招聘した授業・イベント等も頻繁に開催されており、NYCの現場に身を置き、USのスタートアップシーンを体感できる環境が整っています。また、MBAの基礎科目においても、シリコンバレーやNYCでの実務経験の豊富な教授が、実務に即した授業を展開しているものが多数あります。たとえば、基礎科目のData Analytics and Modelingという授業では、現場の実務におけるABテストや、分析ツールの活用を念頭に置いた実践的な授業が展開されています。MBAにおける基礎科目は、もっと無味乾燥なものが多いと予想していたので、良い意味で期待を大きく裏切られるものばかりでした。コーネルは時代の流れに即した授業・教育環境を提供するという点で、本当に努力をしている大学だと感じています。

  2. 1年制プログラムであること:
    私自身、出願時点ですでに30代であったことや、MBA卒業後に大きなキャリアチェンジを考えていなかったこと、そしてこれまでに転職経験が何度かあり、自身の適性を見極めるという意味でのサマーインターンの必要性はないと考えていたことなどから、コストパフォーマンスの良い1年制プログラムを志望していました。米国のビジネススクールですので、入学前は、学生の年齢層が非常に若いイメージを抱いていたのですが、実際に入学してみると、30代でMBAに入学してくるクラスメイトも多数います。想像以上に年齢層のボリュームゾーンの幅広いプログラムです。

 

これから受験される方へのメッセージ

 

コーネルは米国トップスクールの中でも、受験生一人ひとりの熱意やモチベーション、バックグラウンドなどを高く評価してくれる学校です。実際、コーネルに対する強い志望動機やバックグラウンド等を示すことのできた人は、社費・私費の区分やテストスコアなどに関係なく、合格しているように思います。


私の場合は、GMATスコアはあまり良い点を取れなかったのですが(80% Rangeよりも低いスコアで出願)、逆に、エッセイ・インタビュー・バックグラウンドのユニークさで勝負しようと割り切ることで、合格に至ったように思います。出願プロセスにおいては、グローバル企業での欧州・アジアでの海外勤務経験や、起業経験、そしてこれまで一貫してテックカンパニーやテック系の職種に携わってきたことなどをアピールし、コーネルへの志望動機やキャリアゴールと関連付けられるように心がけました。

 

近年のMBA受験の傾向として、「US校はGMAT700ないと厳しい」とか「私費生にとってUS校は受かりにくい」など、エッセイカウンセラーの情報や噂があるかと思いますが、実際にはそのようなことはありません。周囲の情報に惑わされることなく、ぜひ志を高く持たれ、一人でも多くの方が出願にチャレンジされることを願っています!